ちょっと違う風景
町の珍しいものとかを紹介します。主に社寺とお花。

ホーム 管理画面 ファイルアップ 新規記事
--2017-10-- « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紹鴎森天満宮

【御祭神】 菅原道真公
【由緒】

道真公が筑紫へ左遷されたおり、住吉明神へ参拝の途中のこの地に休息され、その後祠が建立され、応永年間(1394-1428)に京都北野天満宮の御分霊を奉斎した。「天神森天満宮」「天下茶屋天満宮」「子安天満宮」「紹鴎森天満宮」とも言います。
当社にまつられている「子安石」は古くより安産の神として、多くの人々に信仰されたいる。豊臣秀吉も淀君懐妊のとき参詣し、安産を祈願され、安らかに秀頼公の出産をみられた。
樹齢六百年をこえる楠木の森は「天神の森」とよばれ、茶道中興の祖武野紹鴎(千利休の師)がこの森の一隅に茶室をつくり、風月を友として暮らしたので「紹鴎森」とも呼ばれた。秀吉公が堺政所の往来の途中、天満宮西側の茶店で休息、この付近を殿下の茶店-天下茶屋と称することになり、当社も「天下茶屋天満宮」と呼ばれることになった。

鳥居と社名碑
天下茶屋あだ討ち供養塔-慶長十四年(1609)備前の人林源次郎が、父と兄のかたき当麻三郎衛門を討ち、本懐をとげたと伝えられている「出口橋」別名「くやし橋」「残念橋」が当社の南五十米住吉街道そいにあった。文政十一年と十二年(1829)にこの橋のたもとに、供養のため二大宝塔が建てられたが、道路拡張により昭和三十三年当社に移された。
参道と狛犬
本社
本社前の狛犬
撫で牛
倉稲魂大神・天照皇大神・猿田彦命の社と地主神社
子安神社と白雪龍神等

大きな地図で見る
スポンサーサイト

テーマ:大阪  - ジャンル:地域情報

  1. 2009/12/04(金) 00:06:50|
  2. 西成区
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

敷津松之宮御旅所

【御祭神】 素盞嗚尊 大國主命 事代主命 奇稻田姫命 少彦名命
【由緒】(WEBより)

浪速区にある敷津松之宮神社の御旅所である。同神社の由緒略記によれば、神功皇后が武内宿彌(たけのうちのすくね)を従え敷津浜を航行中、松の木3本を植えて航行の安全を祈願したのが起源で、はじめは松本の宮といい、明治維新の頃は八坂神社と称した。

鳥居と社名碑
本社
拝殿前の狛犬
末摂社

大きな地図で見る

テーマ:大阪  - ジャンル:地域情報

  1. 2009/12/03(木) 14:58:59|
  2. 西成区
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

生根神社

【御祭神】 少彦名命 蛭児命 菅原道真公
【由緒】(WEBより)

創立の年代は詳かでないが、この地はもと住吉大社の神領で、住吉の生根神社(住吉大社の摂社であったが後分離して郷社となる)の御祭神、少彦名命の御分霊を受け、勝間村(コツマムラ)玉出の産土大神として奉祀した。少名彦名命の奉祀以前、古くからこの地に有喜惠美寿として蛭児命を奉祀していた。即ち大昔、茅海(大阪湾)に大津波が起り、西宮の恵美寿神社は社殿と共に流れ、御神体は勝間の浦に流れ着かれたので、村民これを漁船に迎えこの地に祀った。 後西宮の氏子がこれを聞き伝え、返還を要請され御神体をお返しして御分霊を奉祀したのが、神社創建の始めであると言い伝えられている。(玉出実記・大阪府西成郡玉出町誌による)。 菅原道真公を奉祀したのは、明治初年廃藩置県の際、黒田筑前守の鎮守として、大阪の筑前屋敷に奉祀していた筑前天満宮を奉祀した。御社殿は所謂大名普請にして、文化財的存在であったが、昭和二十年三月十四日、戦災により御社殿は炎上したが、御神体は住吉の生根神社へいちはやく奉遷し、御安泰であったので、仮社殿に奉祀の後、氏子崇敬者の奉賛により昭和四十一年十月、鉄筋コンクート造りの御社殿、儀式殿、社務所を復興した。御神木の樟木は昭和二十年当時、樹齢六百年と推定され、神社創建の歴史を物語っていたが、おしくも戦火により枯死し、現在はその幹と根を保存している。 なお、当神社には古くより、雨乞神事に用いられた「だいがく」を保存している。昔は、難波・木津・勝間(玉出)に各六基あったが、戦災で焼失し、玉出の一基だけが残り、昭和四十七年三月に大阪府の重要民俗資料として文化財に指定され、毎年七月二十四日、二十五日の両日夏祭りに公開している

鳥居(茶色に塗られている-初めてみました)と前景色
社名碑と本社
鳥居前の狛犬
筑紫天満宮
三輪明神 大楠龍王
雨加神社 船玉社と狛犬
稲荷神社 と こまつな南瓜塚

大きな地図で見る

テーマ:大阪  - ジャンル:地域情報

  1. 2009/12/03(木) 00:00:50|
  2. 西成区
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

津守神社

【御祭神】 天照皇大神 (左)稲荷大神 大歳大神(右)住吉大神 綿津見大神
【由緒】(WEBより)

現在の大阪市西成区津守の一帯は、江戸時代に「津守新田」として干拓された歴史がある。津守新田の開発の際に勧請されて創建された神社が、現在の津守神社にあたる。江戸時代には、この神社は五所神社・五社大明神・稲荷神社などと称されていた。1871年(明治4年)に津守神社に改称。

鳥居と社名碑
本社と参道
拝殿前の狛犬
産土社と狛犬
末摂社

大きな地図で見る

テーマ:大阪  - ジャンル:地域情報

  1. 2009/12/02(水) 12:21:27|
  2. 西成区
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:2
  

プロフィール

こまとし

Author:こまとし
街で見つけた面白いものを書いています。

こまとしのホームページ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者

ご訪問ありがとうございます。

最新記事

Blogram

blogram投票ボタン

gooあしあと

yahoo

カテゴリ

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。