ちょっと違う風景
町の珍しいものとかを紹介します。主に社寺とお花。

ホーム 管理画面 ファイルアップ 新規記事
--2017-08-- « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

土佐稲荷神社 その3

末社2
石宮大神
石宮大神前の狛犬 - 明治三十八年
狛犬 - 昭和二十五年
狛犬 - 明治二十七年
風景と狛犬 - 明治四年
隅っこにいたウサギ
手水舎と石
灯籠 - 右は万延元年
スポンサーサイト

テーマ:大阪  - ジャンル:地域情報

  1. 2009/12/02(水) 00:40:10|
  2. 西区
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:2

土佐稲荷神社 その2

末社1とその狛犬
(谷 秦一郎 紅葉 奉納)
鳥居とその狛犬
(嘉永二年正月 奈良屋奉納)
末社2とその狛犬
狛犬(天明八年)
社殿後の狛犬二対
寛政八年 岩田屋

テーマ:大阪  - ジャンル:地域情報

  1. 2009/12/01(火) 14:22:36|
  2. 西区
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:2

土佐稲荷神社 その1

【御祭神】 宇賀御魂大神
【由緒】(WEBより)

創建の由緒は不詳であるが、長堀川畔の土佐藩蔵屋敷に古くから鎮座していた。天正年間の創建とも、明和7年に伏見稲荷を勧請したものとも伝わる。享保2年(1717年)、藩主山内豊隆が社殿を造営して蔵屋敷の鎮守社とし、一般の参拝を許した。以来、山内家は参勤交代で大坂を通る際には必ず当社に参拝し、社殿の修繕は藩費で行われた。 1868年のフランス兵殺傷事件の折、明治政府がフランス公使ロッシュの要求を容れて20名が切腹することになり、29名の者が、この神社で、籤を引いて決め、翌日堺の妙国寺へ護送されたという(堺事件)。 明治初年、土佐藩蔵屋敷とともに当社は岩崎弥太郎に譲り渡された。岩崎弥太郎は当地で事業を営み、三菱の発祥の地となる。岩崎弥太郎は社殿の造替を行い、郷社に列格した。 1945年(昭和20)3月13日14日の第一次大阪大空襲で全焼した。灯籠などが黒く煤けているのがそうである。灯籠の傘などが欠けた有名な「土佐稲荷の欠け灯籠」もあったのだが、今の本殿を造るときに処分したとのこと。そこへ4年前の阪神淡路大震災で、空襲で弱っていた灯籠や鳥居が倒れ、更に処分したとのことである。本殿前の青銅狛犬、三菱2代目の、岩崎弥之助(弥太郎の弟)が、持っていた狛犬を寄進したものだが、戦争中の金属供出をまぬがれ、今の場所より少し南に置かれていたので、助かったとのことである。しかし、かなり痛んでいる。

1の鳥居と社名碑 1と2の鳥居は角柱です
2の鳥居と3の鳥居
鳥居の間の狛犬
3の鳥居後の狛犬
今古想遺音 春秋巌大祀
拝殿前の狛犬
本社
明治時代の元横綱(陣幕久五郎)が奉納した狛狐
三菱財閥の岩崎弥太郎の弟が奉納した青銅の狛犬  阿吽が逆

大きな地図で見る

テーマ:大阪  - ジャンル:地域情報

  1. 2009/12/01(火) 00:19:49|
  2. 西区
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:4

荒光稲荷神社

【由緒】(WEBより)

江戸時代、荒光稲荷があるあたりは摂津国三田(現兵庫県三田市)を領した大名、九鬼氏の蔵屋敷だった こういった大きな屋敷などには、その敷地や附属地などに屋敷や土地を守る神様が祀られることがよくあり、 こういった神を屋敷神という さまざまな神が屋敷神として祀られるが、稲荷神がもっと多いといわれている そして、屋敷が無くなった後も屋敷神だけが残ることがある (例えば西区の土佐稲荷神社は土佐藩蔵屋敷の屋敷神) といったことを考え合わせると 荒光稲荷は、今まで大きく移転していないとすれば、三田藩蔵屋敷の屋敷神であったのかもしれない

resize25274.jpg

テーマ:大阪  - ジャンル:地域情報

  1. 2009/11/30(月) 22:49:25|
  2. 西区
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

御霊神社堀江行宮

鳥居と本社
社殿

大きな地図で見る

テーマ:大阪  - ジャンル:地域情報

  1. 2009/11/30(月) 18:33:21|
  2. 西区
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0
  次のページ >>

プロフィール

こまとし

Author:こまとし
街で見つけた面白いものを書いています。

こまとしのホームページ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者

ご訪問ありがとうございます。

最新記事

Blogram

blogram投票ボタン

gooあしあと

yahoo

カテゴリ

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。