ちょっと違う風景
町の珍しいものとかを紹介します。主に社寺とお花。

ホーム 管理画面 ファイルアップ 新規記事
--2017-08-- « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旦椋神社 宇治市

 読み方が難しい神社です。「あさくらじんじゃ」といいます。延喜式内社としての旦椋神社は、天文19年(1550)に焼失し、場所がどこか定かではないそうです。大久保地区の産土神であった「天満天神」は、この境内にあったが、天文年間に絶えてしまった。そこで、本殿を造営して、旦椋神社と天満神社が合祀され、天神社、栗隈天神社、栗隈天満宮などと呼ばれた。明治10年、式内旦椋神社と認定され、旦椋神社と呼ばれるようになった。祭神は高皇産霊神・神皇産霊神・天満天神(菅原道真公)です。
鳥居から神社ははるか先です。途中車道があります。

IMG_6182_2009年03月17日
境内は青々としています。
IMG_6124_2009年03月17日 
門の前に狛犬がいます。
IMG_6127_2009年03月17日 
耳と口が赤く塗られています。梅鉢の紋があります。台座には昭和58年3月と書かれている。
IMG_6130_2009年03月17日 IMG_6129_2009年03月17日
また門があります。
IMG_6134_2009年03月17日
門を抜けた廊下の先に社殿があります。天満宮と書かれた灯篭の後ろには狛犬がいます。
IMG_6138_2009年03月17日 
狛犬より拝見。ダンボのように耳が大きく、鼻がとがったかわった顔の狛犬です。台座には明治の文字があります。
IMG_6147_2009年03月17日 IMG_6141_2009年03月17日
狛犬の先にはすばらしい社殿がありました。 
IMG_6177_2009年03月17日
社殿左右には狛犬が鮮やかに描かれています。
IMG_6157_2009年03月17日IMG_6154_2009年03月17日
その他の模様もきれいです。
IMG_6155_2009年03月17日
IMG_6159_2009年03月17日

社殿横の建物には祠と灯篭がありましたが、詳細は未調査です。
IMG_6160_2009年03月17日
IMG_6162_2009年03月17日
IMG_6163_2009年03月17日

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都  - ジャンル:地域情報

  1. 2009/03/19(木) 01:47:42|
  2. 宇治市の神社
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:3
  

プロフィール

こまとし

Author:こまとし
街で見つけた面白いものを書いています。

こまとしのホームページ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者

ご訪問ありがとうございます。

最新記事

Blogram

blogram投票ボタン

gooあしあと

yahoo

カテゴリ

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。