ちょっと違う風景
町の珍しいものとかを紹介します。主に社寺とお花。

ホーム 管理画面 ファイルアップ 新規記事
--2017-04-- « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三ノ宮神社

【御祭神】 素盞嗚大神 酒解大神 大山咋大神
【由緒】

いつ頃創建されたものか不明であるが、この地は樫の森があったところから樫原(かたぎはら)と呼ばれ、「柏原神社」と呼ばれていた時期もありました。御祭神は、上の三神が、祀られており現在は三ノ宮神社と呼ばれています。
古い言い伝えで洛西・大枝山には京に入洛する旅人を襲って金品を略奪する鬼がおり、その首領の酒呑童子は人々に恐れられていました。平安中期の武将・源頼光がこの地の小さな祠に供えてあった神酒を飲んだところ、たちまち酔いつぶれれました。そこで、この酒を鬼に飲ませ、酔いつぶれたところを退治したといわれています。(鬼とは山賊のことだと言われており丹波の大江山説もあります。)このことから、鬼を退治できた「酒の神」。その武徳から「武勇の神」、大枝山から「山の神」の三神をまつり、その神徳をたたえ、社が造営されたと伝えられています。
また、江戸時代には五代将軍・徳川綱吉が、この社の神徳を仰ぎ、徳川葵の家紋を許し社殿あでを寄進しました、嘉永六年には、攘夷祈願で孝明天皇が、社の造営をはかり御所絵師をさしむけ、孝明天皇の養子・華頂宮博経親王からは、菊華紋章入りの提灯などを下賜されました。以来、神紋は菊華紋と徳川葵をあわせて用います。
本殿は昭和四十九年の第六十回神宮式年遷宮で伊勢神宮から下賜されたもので、拝殿は昭和五十一年に造営したものです。例祭は樫原祭(通称たけのこまつり)と呼ばれ五月におこなわれます。みこしの装飾品は立派なもので、慶長金をもちいたものと伝えられています。





大きな地図で見る
スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都  - ジャンル:地域情報

  1. 2009/09/01(火) 18:53:10|
  2. 西京区
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

兒子神社

【御祭神】 兒大國御魂神
祭りの準備かで数人が拝殿前に居る。



本社と狛犬



大きな地図で見る

テーマ:おこしやす!京都  - ジャンル:地域情報

  1. 2009/09/01(火) 17:19:05|
  2. 西京区
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

春日神社(桂春日町)

桂離宮の隣にあります。
ここの境内は細長く、並行して道路があります。
藤紋が描かれた提灯。
resize20781.jpg resize20780.jpg
resize20782.jpg
新しい狛犬。
resize20785.jpg resize20784.jpg

大きな地図で見る

テーマ:おこしやす!京都  - ジャンル:地域情報

  1. 2009/08/04(火) 00:37:39|
  2. 西京区
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:2

葉室御霊神社

御祭神 御霊大明神
由緒(神社の掲示によると)

この地は平安期の頃うより葉室家の荘園であった。従って約千年以前より鎮守の神として葉室家の霊を祭り御霊神社が建立されてきていた。日本国には古来より神道があった。個人や社会に不幸をもたらす要因は、単に神の祟りに帰せられていた。これを防ぐ道は神の意志を和らげ慰める他になかったのである。然るに仏教が日本に広まるにつれて、祟りは神の絶対意志としれ避けられない不幸とは観ぜずに、それは人格的な祖霊の働きであるとし、祟り・怨霊と我等との関係が始めて諒解されるようになった。そして平安初期より祖霊を神社として祀り、僧侶が経巻の転読を行って祖霊の供養が行われてきた。これが御霊神社の起因で、また神仏習合の始まりである。社殿は葉室家第廿三代大納言葉室頼孝卿が元禄二年建立したもので、その修理が昭和五十六年完成した。
国挾槌尊(月霊)
日本書紀によれば天地倍判の最初に現れ給うた神、神世七代の第一代の神、國常立尊に次ぎ生まれませる神である。この神々は國の地盤形成の概念から生じた神で高天原における天御中玉神と対比して考えられたその土地司り守護される神である。
菩薩像 生まれながら身体に変形をもった人の悩みを救う菩薩といはれるが、その御名は不明である。心無き人の仕業かかなり損傷を受けている、しかし自分の身体を捨てて人々の悩みを救う偉大な大悲力を発揮されてきた有難い菩薩像である。
十禅師社
十禅師とは宝亀二年(772)学徳兼備の僧十師を選んで官から授けられた称号である。

坂の上にあります。

入口は閉められていましたが、鍵はかかっていないので入らせて写真を撮りました。


大きな地図で見る

テーマ:おこしやす!京都  - ジャンル:地域情報

  1. 2009/07/01(水) 00:40:29|
  2. 西京区
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:1

春日神社(桂巽)

御祭神 天児屋根命、大山咋神、八幡大明神
由緒(社の掲示による)

古代山背国葛野郡朝原村(現桂学区)の氏神として五穀豊穣子孫繁栄無事清明を加護し村人の守護所として崇められる。
明治三十九年神社合併令により同四十五年、村民全員 (四十余名)の寄進を以って、神殿を建て、村内三ケ所に鎮座の轟宮、三之宮 、春日社をこの地に合祀した。爾来八十余年の風雪に老朽傾き甚だしく、 桂学区民有志一同の寄進を得て平成九年十月五日修復完工す。
祭礼は毎年十月第三日曜日松尾大社神職司祭により執り行っている。
平安京建都桓武天皇の第二皇女で朝原内親王(のちの平城天皇の妃) はこの朝原の地で誕生、伊勢斎宮在位十五年ののち、十八才の時戻られる。
天皇はその労苦を慰労感謝され、朝原内親王;を下賜される。日本後記は 「朝原内親王御幸」を記している。 御幸の道筋に在る春日神社に、ついてこのとき、天皇は参拝祈願された事は 充分に推測することが出来ると学者は申している。 王城の地京都には大小数多くの神社がありますが、 桓武天皇の参拝祈願された神社はそう多くあるものではありません。 私たちはこのことを深く心に刻んで日々の参詣を致したいものであります。




大きな地図で見る

テーマ:おこしやす!京都  - ジャンル:地域情報

  1. 2009/06/15(月) 00:52:02|
  2. 西京区
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:2
  次のページ >>

プロフィール

こまとし

Author:こまとし
街で見つけた面白いものを書いています。

こまとしのホームページ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

訪問者

ご訪問ありがとうございます。

最新記事

Blogram

blogram投票ボタン

gooあしあと

yahoo

カテゴリ

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。